インコネルとは|難削材・ステンレスの切削加工 株式会社タカヤマ

インコネル耐熱性・耐蝕性特化するべく、
開発されたニッケル合金です

インコネル(INCONEL)は、ニッケルを主体とし、クロム、鉄、炭素など様々な合金成分を添加することにより、耐熱性及び耐蝕性を高めたニッケル合金です。

Alloy 600, Alloy 718製各種製品は高温での高強度・高耐酸化性・耐クリープ性を発揮し、高温域でも高い強度を保持する一方、腐食環境に対して優れた耐蝕性を誇ります。

一般的にインコネル材は高温強度が大きく熱伝導率が悪いため、もっとも切削加工が困難な合金としても知られています。

当社では自社工場(埼玉県三郷市)にてインコネル材の豊富な加工実績があり、主にインコネル600、インコネル625、インコネル718、インコネルX750等の切削加工品の製造を得意としております。

また、当社商標登録のレアメタルスクリュー(RMS)として、各種ボルト、座金、ナット等の規格ネジの製造及び販売も行っております。

RMSの詳細情報につきましては、こちら ⇒http://www.rms-takayama.com/

インコネル600に相当するAlloy600の一般的な特性、及び詳細データ

Alloy600(インコネル600)の一般的な特性

高温での耐酸化性が良く、Cl-イオンによる応力腐食割れに強く、またニッケル含有量が多いため高純水およびアルカリに対する耐蝕性に優れております。高温下での高強度と高耐蝕性を保持するため熱処理産業を始め、多くの化学産業で広範に使用されております。

Alloy600(インコネル600相当)材の主な用途

化学・食品工業の製造装置、熱交換機・加熱部材・部品、熱処理治具、原子炉部品、電子機器部品

Alloy600(インコネル600)の主要化学組織(Wt%)

合金名 当社材質名 密度 主要化学組織(Wt%)
Ni Cr Mo Fe Co Cu
インコネル600 Alloy600 8.47
[8.415]
76.0 15.5 8.0

※本表はあくまでも参考基準値です。

Alloy600(インコネル600)の規格

合金名 記号 UNC合金記号 該当規格
ASTM JIS
インコネル600 I-600 N06600 B166,167,168
B564,163
G4901,G4902
G4903,G4904

Alloy600(インコネル600)の各種データ

電気抵抗(μΩ・cm) 103
ブリネル硬さ 120~290
弾性係数(Gpa) 157
引張強さ(Mpa) 600~1200
融点(g/cm-3) 1370~1425℃
熱膨張係数(20℃~100℃)(x10-6、K-1) 11.5~13.3
熱伝導率(23℃)(Wm-1 K-1) 14.8

※本表はあくまでも参考基準値です。

インコネル製ファスナーの薬品試験データ

Alloy600(インコネル600相当) 10%薬品試験
20日間 40日間 60日間 90日間
クエン酸
クエン酸
クエン酸
クエン酸
リン酸
リン酸
リン酸
リン酸
塩酸
塩酸
塩酸
塩酸
硝酸
硝酸
硝酸
硝酸
硫酸
硫酸
硫酸
硫酸
Alloy600(インコネル600相当) 30%薬品試験
20日間 50日間
実験前
実験前
塩酸 09/09/14
塩酸 09/10/14
硝酸 09/09/14
硝酸 09/10/14
硫酸 09/09/14
硫酸 09/10/14

各種薬品に対するAlloy600(インコネル600相当) 薬品試験

使用材料 M10x100mmのネジ材(全ネジ)
材質 SS材、Alloy 600(インコネル600相当品)
数量 各9本ずつ
試験方法 JIS G 0567(鉄鋼材料及び耐熱合金の高温引張試験方法)に準拠
試験体No. 試験温度(℃) SS材 最大荷重(kN) Alloy600 最大荷重(kN)
1 600℃ 10.2 38.7
2 600℃ 11.2 38.7
3 600℃ 10.8 38.7
4 800℃ 2.6 11.1
5 800℃ 2.7 11.4
6 800℃ 2.6 11.6
7 1000℃ 1.8 4.1
8 1000℃ 1.8 4.1
9 1000℃ 1.8 4.0

重・クロスヘッド変位図を以下に示しました。

Alloy600(インコネル600相当) 薬品試験 – クロスヘッド変位線図(SS材)

Alloy600(インコネル600相当) 薬品試験 – クロスヘッド変位線図

Alloy600(インコネル600相当) 薬品試験 – 試験後外観

  • SS材試験後外観
  • Alloy試験後外観

※技術データは参考値です。記載データの転用を禁止します。
※インコネル(Inconel)はSpecial Metal Corporation.の登録商標です。

インコネル718に相当するAlloy718の一般的な特性、及び詳細データ

Alloy718(インコネル718)の一般的な特性

高温強度と耐蝕性を兼ね備えた析出硬化型Ni合金で、700℃までのクリープ強度に優れており、固溶化状態で溶接性は良好で割れを起こし難い素材です。

Alloy718(インコネル718相当)材の主な用途

航空機・ガスタービン・ロケット・人工衛星・宇宙船の部品、原子炉部品、核燃料スペーサー、熱間押し出し工具

Alloy718(インコネル718)の主要化学組織(Wt%)

合金名 当社材質名 密度 主要化学組織(Wt%)
Ni Cr Mo Fe Co Cu
インコネル718 Alloy718 8.19
[8.19]
54.0 18.0 3.0 18.5 Ti0.9
Al0.5
Nb+Ta5.1

※本表はあくまでも参考基準値です。

Alloy718(インコネル718)の規格

合金名 記号 UNC合金記号 該当規格
ASTM JIS
インコネル718 I-718 N07718 B637,670 G4901,G4902

Alloy718(インコネル718)の各種データ

弾性係数(kN/mm2) 204.9kN/mm2
引張強さ(Mpa) 600~1200
融点(℃) 1260~1320℃
熱膨張係数(23℃)(Wm-1 K-1) 14.7

※技術データは参考値です。記載データの転用を禁止します。
※インコネル(Inconel)はSpecial Metal Corporation.の登録商標です。