モリブデンとは|難削材・ステンレスの切削加工 株式会社タカヤマ

モリブデン高硬度・高融点に特化するべく、
開発されたレアメタルの一種です。

モリブデンとは、元素記号(Mo) 原子番号42で、クロム属に属する銀白色の金属です。

モリブデンはレアメタルの一種で、高硬度、高融点のため、モリブデン単体では加工が非常に困難な金属です。 融点2600°と耐熱性が非常に高く、真空装置やるつぼ、高温の炉の部材に使用されています。

一般的にモリブデンは非常に優れた耐熱性、高温強度を持つ反面、加工が非常に難しく、いわゆる難切削剤としても知られています。

当社はモリブデン製切削加工品の豊富な加工実績があり、また、当社商標登録のレアメタルスクリュー(RMS)として、各種ボルト、座金、ナット等の規格ネジの製造及び販売も行っております。

RMSの詳細情報につきましては、こちら ⇒http://www.rms-takayama.com/

モリブデン(Mo)の一般的な特性

耐熱性が非常に高く熱膨張率が低いのが特徴です。常温では空気中で酸化被膜を形成し、塩酸や硫酸に対しても優れた耐酸性を有します。高い耐熱性と低い熱膨張率で成形性に優れているため、電子管や電気炉などの厳しい環境下で広く使われています。

モリブデンの主な用途例

高温用電気炉発熱体、電気炉構造部材、セラミックスや磁性材料燒結用トレイ、セッターおよびその他構造部材として広く使用されています。

モリブデンの主要化学組織(Wt%)

合金名 当社材質名 密度 主要化学組織(Wt%)
Mo
モリブデン(Mo) Mo 10.2 ≧99.9

※本表はあくまでも参考基準値です。

モリブデンの常温における機械的性質(焼鈍時)

引張強さ(N/㎟) 448~586
0.2%耐力(N/㎟) 380~448
伸び(%) 10~15

※技術データは参考値です。記載データの転用を禁止します。